IMEとGoogle日本語入力の辞書に単語登録する方法と使い方!簡単入力で記事作成を短縮!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちはNAHOです。 自分で選択できる人生を歩みたい、家族や大好きな人たちと豊かに暮らしたい。 そう思った私は、ネットビジネスの道へと歩み始めます。
詳しいプロフィールはこちら

何度も繰り返して使う単語をいちいち入力するのは面倒ですよね。

そんな時は、ユーザー辞書に単語を登録しておくと便利なんです。

私はメールアドレスや住所などを登録して活用しています。

そんな便利な単語登録機能を紹介しますね!

 

IMEで単語登録をする

1.タスクバーの「あ」や「A」など表示されている文字を右クリックし、メニューを表示します。

 

2.メニューから「単語登録」をクリックします。

 

3.すると以下のようなダイアログが表示されます。

このダイアログで

  • 単語:登録したい文字
  • よみ:入力するキー
  • 品詞:適宜選択

を入力し、「登録」ボタンをクリックすると単語が登録されます。

例では、「あど」と入力し変換すると、単語に登録した住所入力が完了します。

 

それでは試してみましょう!

「あど」と入力すると、このように候補一覧が表示され、その中に先ほど登録した住所が表示されていますね。

後は、表示された住所を選択すれば住所入力が完了します!

簡単&効率的ですね!

Google日本語入力で単語登録をする

1.タスクバーの「あ」や「A」など表示されている文字を右クリックし、メニューを表示します。

 

2.メニューから「単語登録」をクリックします。

 

3.すると以下のようなダイアログが表示されます。

このダイアログで

  • 単語:登録したい文字
  • よみ:入力するキー
  • 品詞:適宜選択

を入力し、「OK」ボタンをクリックすると単語が登録されます。

例では、「あど」と入力し変換すると、単語に登録した住所入力が完了します。

 

それでは試してみましょう!

「あど」と入力し変換すると、このように候補一覧が表示され、その中に先ほど登録した住所が表示されていますね。

表示された住所を選択すれば住所入力が完了します!

簡単ですね!

Google日本語入力もIMEも同じような感じで登録できました。

まとめ

IMEとGoogle日本語入力で単語登録する方法と使い方を紹介しました。

よく使う単語を登録しておくと、本当に便利ですし、作業効率もアップしますよ。

気になったら是非使ってみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちはNAHOです。 自分で選択できる人生を歩みたい、家族や大好きな人たちと豊かに暮らしたい。 そう思った私は、ネットビジネスの道へと歩み始めます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© トラベラーズサロン , 2018 All Rights Reserved.