アドセンス広告を簡単に挿入するワードプレスプラグインAdSense Plugin WP QUADSの設定方法と使い方!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちはNAHOです。 自分で選択できる人生を歩みたい、家族や大好きな人たちと豊かに暮らしたい。 そう思った私は、ネットビジネスの道へと歩み始めます。
詳しいプロフィールはこちら

ワードプレスでアドセンス広告を簡単に入れるなら「AdSense Plugin WP QUADS」プラグインが便利です。

同じようなプラグインで「Adsense Manager」というのがありましたが、プラグインが長い間更新されていなく、また不具合も報告されているので、私はこちらに切り替えて使用しています。

今回は「AdSense Plugin WP QUADS」の設定方法と使いかたを紹介します!

 

AdSense Plugin WP QUADSをインストール

まず、「AdSense Plugin WP QUADS」をインストールしましょう。

左のメニューから「プラグイン」→「新規追加」をクリックし、新規インストール画面を表示します。

 

右上の「キーワード」欄に「AdSense Integration WP QUADS」と入力すると、下の検索結果に「AddQuicktag」が表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが終了するとボタンが「有効化」に変わりますので、そのボタンをクリックしてプラグインを有効にします。

これでインストールは完了です。

 

AdSense Plugin WP QUADSを設定する

それでは設定をしていきましょう!

その前に!

グーグルアドセンスにログインしてアドセンスコードを取得しておいてくださいね。

 

プラグインが有効化されると左のメニューに「WP QUADS」が表示されるので、それをクリックします。

 

「WP QUADS」の画面が開いたら、「ADS」タブを選択します。

すると、Ad1~Ad10と表示された項目があります。

ここにアドセンスコードを設定することができます。

なので、最大10個設定できるんですね。

それでは「Ad1」のエリアをクリックしてみましょう。

 

すると、以下のようにアドセンスを貼り付ける項目が表示されます。

テキストエリアにアドセンスコードを貼り付けるわけですが、一緒に「スポンサーリンク」の表記も入れておくと便利なので、一番上は「Plain Text / HTML / JS」を選んでおきましょう。

アドセンスコードを入れる前に例えばこのように入れておきます。

Layoutは中央がいいですね。

 

私はアドセンス広告を

  • 最初の見出しの上
  • 記事の中間
  • 記事の下

に入れています。

これらのコードは別々のものを使用しているので、Ad1,Ad2,Ad3に別々のアドセンスコードを登録して使い分けています。

入力し終わったら「変更を保存」ボタンをクリックして保存してしておいてくださいね。

 

AdSense Plugin WP QUADSの使い方

アドセンスコードを登録すると、テキストエディタ」に「Ads1」「Ads2」~のように登録した数だけボタンが表示されます。

ですので、アドセンスを挿入したい場所で挿入したいアドセンスコードボタンをクリックすると、アドセンスコードが挿入されます。

テキストエディタに表示されるのは、実際のアドセンスコードではなく

というコードですが、記事上ではこれがアドセンス広告になっています。

 

で!ここまできて思いますよね???

ビジュアルエディタではできないの??って。

残念ながら、「AdSense Plugin WP QUADS」ではできませんが、他のプラグイン「AddQuicktag」も使うと、ビジュアルエディタでも簡単にアドセンスコードを挿入することができます。

「AddQuicktag」の使い方はこちらを参照してください。

ワードプレスのプラグイン「AddQuicktag」の設定方法と使い方!タグの貼り付けがワンクリックで便利!

 

「AddQuicktag」で以下のように設定します。

  • ボタン名:ad1(任意)
  • 開始タグ(※):[quads id=1]
  • チェックボックス:ビジュアルエディタをチェック(後は任意)

※開始タグの[]は、実際は半角にしてください。

開始タグは、「Ad2」の場合は[quads id=2と末尾の数字を変えてくださいね。

入力し終わったら、「変更を保存」ボタンをクリックし登録します。

 

そして、ビジュアルエディタのプルダウンを開いてみると、「ad1」が登録されています。

※例では、ad1,ad2,ad3を登録しています。

 

そして、アドセンスコードを挿入したい場所で、プルダウンから挿入したいコードを選択すると、アドセンスコードが挿入されます。

実際はこちらも

が入力されますが、記事上ではアドセンス広告になるので、これが入力されていればOKです。

 

まとめ

「AdSense Plugin WP QUADS」の設定方法と使い方を紹介しました。

「AddQuicktag」も一緒に使うと便利ですので、是非やってみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちはNAHOです。 自分で選択できる人生を歩みたい、家族や大好きな人たちと豊かに暮らしたい。 そう思った私は、ネットビジネスの道へと歩み始めます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© トラベラーズサロン , 2018 All Rights Reserved.