記事のインデックスを早めるには?Search ConsoleのURL検索(旧:Fetch as Google)の使い方!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちはNAHOです。 自分で選択できる人生を歩みたい、家族や大好きな人たちと豊かに暮らしたい。 そう思った私は、ネットビジネスの道へと歩み始めます。
詳しいプロフィールはこちら

作成した記事をGoogleの検索結果にヒットさせるには、Googleがその記事を認識し、Googleのデータベースに登録されている必要があります。

このデータベースに登録されることを「Googleにインデックスされる」といいます。

サイトをオープンして間もない頃はなかなかインデックスされません。

せっかく書いた記事に誰も訪れてくれないのは悲しいので、こちらからインデックスされるようにアプローチしていきましょう。

今回はその方法を紹介しますね!

 

Search ConsoleのURL検索で記事のインデックスを早める

Search Consoleの画面がガラッと変わり、新しいSearch Consoleでは「Fetch as Google」機能を見つけられなかった人もいるんじゃないかなと思います。

以前のSearch Consoleではこの「Fetch as Google」という機能で記事のインデックスを早めることができました。

新しいSearch Consoleではその機能が「URL検索」に統合されたようです。

それではこの「URL検索」機能を使っていきましょう。

 

1.まず、Search Consoleにログインします。
Search Console

 

Search Consoleにサイトの登録をしていない方は、こちらを参考に登録しておいてくださいね。
Search Consoleにサイトを登録する方法とサイトマップの設定方法

 

2.画面上部にURLを入力する欄があるので、そこに登録したい記事のURLを入力します。

ここに入力するのはドメイン名も含めたURLになります。

 

3.すると以下のようなダイアログが表示されます。

 

4.データが取得され、まだGoogleインデックス(データベース)に登録されていないURLがですと、以下のように「URLがGoogleに登録されていません」と画面表示されます。

そこで、[インデックス登録をリクエスト]をクリックします。

 

5.すると以下のようなダイアログが表示されるので、しばらく待ちます。

待っている時に以下のような確認画面が表示される場合は、画面の指示に従って画像を選択していきましょう。

 

6.しばらくすると「インデックス登録をリクエスト済み」というダイアログが表示されます。

これでインデックス登録作業は完了です。

 

インデックスされているか確認する方法

検索エンジンにインデックスされているか確認したい場合は、登録した時と同じように画面上部の入力欄に確認したいURLを入力します。

 

登録されていると以下のように「URLはGoogleに登録されています」と表示されます。

 

まとめ

インデックスを早める方法は思ったよりも簡単なので、ぜひやってみてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちはNAHOです。 自分で選択できる人生を歩みたい、家族や大好きな人たちと豊かに暮らしたい。 そう思った私は、ネットビジネスの道へと歩み始めます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© トラベラーズサロン , 2018 All Rights Reserved.