WindowsPCのスタートアップって何?登録と無効にする方法は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちはNAHOです。 自分で選択できる人生を歩みたい、家族や大好きな人たちと豊かに暮らしたい。 そう思った私は、ネットビジネスの道へと歩み始めます。
詳しいプロフィールはこちら

効率よく仕事をするためにスタートアップにアプリを登録しておくのも1つの方法です。

そこで今回はWindows10をベースにスタートアップってそもそも何?スタートアップに登録する方法、無効にする方法を紹介します。

スタートアップって何?

「スタートアップ」とは、簡単にいうとWindowsのとあるフォルダの名前です。

ですが、ただのフォルダではなく、このフォルダにアプリを登録(ショートカットを入れる)しておくと、Windows起動時に自動でそのアプリを起動してくれるんです。

例えば、メモ帳アプリを登録しておくと、Windows起動時にメモ帳も開いた状態になっているんですね。

毎日必ず使うツールなど、このスタートアップフォルダに登録しておくと便利です。

メーラーやブラウザなど便利かもしれませんね。

スタートアップの登録方法

まず、登録したいアプリのショートカットをデスクトップなどに用意しておきましょう。

スタートアップフォルダを開く

「Windowsロゴキー」+「R」で、「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示します。

名前に「shell:startup」を入力し、「OK」ボタンをクリックします。

すると「スタードアップフォルダ」が表示されます。

または、以下フォルダをたどって「スタートアップ」フォルダを表示します。

 

スタートアップを登録する

「スタートアップ」フォルダを表示したら、ショートカットをコピーするだけでOKです。

これで次回起動時から、Skypeが自動的に起動されます。

スタートアップの登録を無効にする方法

スタートメニューから「設定」をクリックします。

Windows設定画面が表示されるので「アプリ」をクリックします。

左のメニューから「スタートアップ」をクリックします。

 

するとスタートアップアプリの一覧が表示されるので、無効にしたいアプリの右にある「オン/オフ」を「オフ」にすれば無効になります。

まとめ

Windowsのスタートアップ機能について、その意味と登録方法、無効にする方法を紹介しました。

必要なものを登録して効率アップに役立ててみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちはNAHOです。 自分で選択できる人生を歩みたい、家族や大好きな人たちと豊かに暮らしたい。 そう思った私は、ネットビジネスの道へと歩み始めます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© トラベラーズサロン , 2018 All Rights Reserved.